見えるものは過ぎ去り、見えないものは永遠に

私たちは、見えるものに目を奪われやすいものです。見えないものを見ようとしなかったりします。

 

信仰生活において、他の人が見て信仰深い人は、神様から見てどうなのだろう?そして信仰深い人の基準は、私たちの知らぬ間に勝手に歩き出しているのではないかと感じます。

 

第二コリント4:18

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。   

 

一時的な見えるもの(お金、健康、家族、学歴、知識、地位、友人関係)をあたかも真実のように「神様を信じたら祝福された」と言う方がいますが、この見えるものたちを持ってないと信仰がない、祝福されていないということでしょうか?

 

見えるものによってではなく、見えないものを信じ、信仰に生きたいものです。そして見えるもので人を判断してはいけないことを心に留めます。

 

そしていつでもイエス様は苦しんでいる人々、貧しい人々を憐れんでくださります。

 

第二コリント5:16

私たちは今後、人間的な標準で人を知ろうとはしません。かつては人間的な標準でキリストを知っていたとしても、今はもうそのような知り方はしません。  

 人を見るとき、人と話すとき、「私は知っている、私は見えている」と思うとき、傲慢になるのだと思います。

 

余談

私は文化や伝統、他の宗教を否定してまでも押し付けるキリスト教には反対です。そして教会成長だけを目的とした宣教も。あるフレンド派の教会に行っていた方にお会いする機会があり、フレンド派について調べてみました。フレンド派は私の信仰に近く、このような教会、宗派があることに嬉しくなりました。フレンド派の人口は残念ながら減っているようですが、もう少し個人的に学んでみたいと思います。

 

  ※これは私個人が学んだことを記事にしているので、あくまでも参考程度で。これからも聖書観、信仰は変わりうること了承してお読みください。

 

 

バルト神学の真髄

バルト神学の真髄