神に従いなさい?

よく自己啓発系教会?で耳にする

「自分の夢を諦めたら神様がもっといいものをくれた。」

「自分じゃなく神様が選んだ人と結婚したい。」

「自分中心に生きているから、人生うまくいかないんだよ」

「神様が与えてくれるまで待ちなさい」など、自己を否定し神様に従いなさいと言うフレーズ。

 

自分のことを話すならまだ良いですが、状況も分からず他人にまで「夢を諦めなさい」「神様が、与えてくれるまで待ちなさい」と一方的に言うのはどうかと思います。

 

神様か人間か

それでは、神様からか、人の意志なのかどうやって見分けるのでしょうか。

 

神様は人間に自分で考える力を与えてくださっています。

 

もし、あなたの子供が「夢があるんだけど、諦めたらいいのか、どうしたらいい?」と聞かれて、何と答えますか?

 

まさか「諦めて、これからは何でも自分に相談してから決めなさい」とは言わないでしょう。

 

「失敗してもいいんだよ。自分の力を試してみなさい。私は、あなたをサポートするから。」となると思います。

 

もし成功した結果は神様の導きで、失敗したら自分中心を悔い改めて、「神様に従おう」となると可笑しな話になります。

 

人はうわべを見る

失敗は必ずしも悪いものではないと思うのです。祈りの中で神様の導きを求めることは大切ですが、人に対して「あなたは神様に従っている」「あなたは神様に従ってない」と誰も言えないのではないでしょうか?

 

結論

自分のベストを尽くして、他人に口出ししない。

 

フィリピのは信徒への手紙2:12b-13

恐れおののきつつ自分の救いを達成するように努めなさい。あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。

 

※これは私個人が学んだことを記事にしているので、あくまでも参考程度で。これからも聖書観、信仰は変わりうること了承してお読みください